養寿院概要

養寿院は、寛元二年(1244年)、河越太郎重頼の曾孫にあたる経重が開基となり、大阿闍梨圓慶法印が開いたお寺です。
天文四年(1535年)時の住職隆専上人、曹洞宗太源派下扇叟守慶和尚の道風を慕い寺を付属。江戸時代に御朱印十石を賜るなど、歴代川越城主の信仰も篤く多いに栄え、近年まで曹洞宗専門僧堂(修行道場)として多くの人材を輩出してきた曹洞宗の古刹です。
本堂には、河越氏が新日吉山王宮に奉納した銅鐘(国指定重要文化財)があり、銅鐘の「池の間」に刻まれた”河肥”の文字は、川越の歴史上とても価値の高いものです。

祥雲寺 境内フォトギャラリー

養寿院について
三芳野名勝図絵
養寿院について

沿革

〔山号〕青龍山
〔宗派〕曹洞宗
〔本尊〕釈迦牟尼仏

 

養寿院は、寛元二年(1244年)、河越遠江守経重公開基となり、密教大闍利圓慶法印を開山として創建。
天文4年(1535年)、時の住職隆専上人、曹洞宗太源派下扇叟守慶和尚の宗風を慕い寺を付嘱。爾来、密院を禅門に改めた。
江戸時代には幕府より朱印十石を与えられ、歴代川越城主の信仰も篤くおおいに栄え、また、近年まで、曹洞宗専門僧堂(修行道場)として、多くの人材を打出してきた。

養寿院について
川越太郎重頼の墓

悲運の武将河越太郎重頼の供養塔

河越氏は、坂東平八氏の一つ秩父氏の出で、重頼の祖父重隆の時に川越に進出し、河越氏を名乗った。
重頼の妻は比企禅尼の娘で、その関係で、はやくから、伊豆の流人であった源頼朝を助け、平家追討、鎌倉幕府の樹立に力をつくした。
のち、頼朝・義経不和になるや、重頼は、その娘が義経の正妻たるの故をもって、誅殺され、所領は没収された。
現在、本堂南側に重頼の墓として伝えられる五輪塔があり、かたわらに明治の元勲右大臣三条実美公の篆額、文学博士重野安繹撰文の顕彰碑が立っている。

養寿院について
文応の銅鐘(国指定重要文化財)
養寿院について
文応の銅鐘(国指定重要文化財)
養寿院について
岩田彦助儒葬墓

史跡・文化財

●文応の銅鐘(国指定重要文化財)
「武蔵国河肥庄新日吉山王宮奉鋳推鐘一口長三尺五寸大檀那平朝臣経重大勧進阿闍利圓慶文応元年大歳庚申十一月廿二日鋳物氏丹治久友大江真重」の銘文がある。
経重は重頼の曽孫。鋳物師丹治久友は鎌倉大仏の鋳造に参加した名工である


●円空仏一体(市指定文化財)

御丈一尺余の菩薩様。円空と養寿院との関係は不明である。


●岩田彦助儒葬墓(市指定文化財)

彦助は川越城主秋元但馬守の家老で、「秋元に過ぎたるものが二つあり、無の字の槍と岩田彦助」といわれたほどの人物である。


●堀河夜討図屏風(市指定文化財)
江戸時代初期の川越城主酒井重忠侯は、不思議なことに夜ごと矢叫(やたけび)や蹄(ひずめ)の音にやすらかな眠りをさまされていた。

天下に豪勇をうたわれた重忠侯だったが、あまりに毎夜続くので、ある日易者に占ってもらった。すると、城内のどこかにある戦争の図がわざわいして、侯の安眠を妨げているという卦(け)がでた。

そこで、さっそく家臣に土蔵を調べさせたところ、果して、堀河夜討の戦乱の場面をえがいた一双の屏風画がでてきた。

さすがの侯も、ことの以外さに驚き、考えた末、日ごろ信仰し帰依している養寿院へ、半双を引き離して寄進してしまった。すると、その夜からさしもの矢叫びや蹄の音も聞えず、侯は安眠することができたという。

現在でも養寿院では、このときの屏風を秘蔵している。筆者は住吉具慶筆と伝える。

本堂・書院

寛永6年(1629年)8月、麻布市兵衛町に新地を拝領し移転、瑞泉山祥雲寺と改称されました。明暦2年(1656年)2月28日、麻布市兵衛町畠山家屋敷(現六本木三丁目4番地)隣に抱え地を求め『寛政呈譜』今大路正紹条には寛永6年、同家が拝領した屋敷を瑞泉山祥雲寺としました。 移転には幕府医官今小路家(曲直瀬家)が深く関わっていたと考えられ、安政年間(1854~1860年)に禅宗建築による書院造が建立されました。

茶室

祥雲寺は大徳寺派に属します。大徳寺は多くの名僧を輩出し、茶の湯文化とも縁が深く、日本の文化に多大な影響を与え続けてきた寺院です。貴族や大名だけではなく、商人や文化人の信仰をも集め、特に、わび茶を創始した村田珠光が一休宗純に帰依した頃から、大徳寺は茶の湯の世界とも縁が深くなり、多くの茶人(千利休、小堀遠州ら)とも縁が深くなっていきます。祥雲寺には洞明庵・済北庵・春宵軒・半隠軒・無功庵・棲玄庵・真常庵などの茶室があります。

祥雲寺全景

時を告げる響き、準国宝の梵鐘。除夜の鐘には、たくさんの方々が鐘をつきに参拝に来られます。境内6000坪の敷地を有し、江戸の諸大名墓地群が並び、東京都・渋谷区の文化財となる史跡でもある境内は、京都の禅寺の雰囲気を感じる静寂な佇まいです。奥庭には緑に輝く苔と踏み石、蹲、茶室と続きます。江戸時代は、触頭として大徳寺派の特定の寺院として任命を受け、地域寺院の取りまとめとなった寺院でもあります。

墓所全景

歴史の息吹を感じる。
さぁ歴史の息づく街、広尾へ